首・肩のこり、痛み

kubi-kata.jpg
(クリックで拡大)


 肩が重い、首筋がこわばる、鈍い痛みやだるさを感じる。これら首・肩のこりは、筋肉の緊張と疲労から起こります。腕や肩をつかった長時間の作業、不自然な姿勢、精神的ストレスなど、原因もさまざまです。治療の前にまず、蒸しタオル等などで温め、筋肉の緊張をほぐしておくと治療の効果があがります。

 首のこりには、天柱@風池Aの指圧がよく効きます。首の横が痛む時には、翳風Bへの指圧も加えてください。
 肩のこりには、肩井Cから曲垣Dなど肩甲骨周囲のマッサージが効果的です。また、背中の厥陰愈Iも血行をよくし、筋肉をほぐす効果があるので、忘れずにマッサージしましょう。


[ツボの位置]
@天柱(てんちゅう):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

A風池(ふうち):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側をわずかに離れたくぼみ

B翳風(えいふう):耳たぶの後ろのくぼんだところ

C肩井(けんせい):後ろ首の根元と肩先の中間のところ

D曲垣(きょくえん):肩甲骨の上方、内側の角

E肩リョウ(けんりょう):肩の大きな関節の後ろ側の半ばほどにできるくぼみ

F肩中愈(けんちゅうゆ):第7頸椎の下部のくぼみから、指幅2、3本分ほど肩側にたどったところ

G大椎(だいつい):首のつけ根の中心、頚椎の最下部

H肩外愈(けんがいゆ):第7頸椎の下部のくぼみから、指幅4本分ほど肩側にたどったところ

I厥陰愈(けついんゆ):肩甲骨の内側、第4胸椎をはさんだ両側
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。