腰痛

kosi.jpg
(クリックで拡大)


 じわじわと感じる痛み、突然ズキッとくる痛み、足にまでひびくような痛みと腰痛の種類はさまざまです。またその原因も、運動・作業による疲れ、老化、悪い姿勢などいろいろあります。

 まず、腰から背中をよく温めてから治療を行うのがいいでしょう。それから、三焦愈@腎愈A関元愈C膀胱愈Dなどをゆっくりと指圧、マッサージしましょう。これによって、背中・腰まわりの血行がよくなり、かなりほぐれます。場所によっては痛むところがあるので、その場合は強くは押さず、軽くマッサージする程度にしましょう。
 腰痛は腹筋とも大きな関係があるので、中カンE天枢Fなどの腹筋へのマッサージも加えるといいでしょう。
 足への痛みをともなう時には、血海H陽陵泉Iなどの足まわりのツボをマッサージしていくと効果があります。


[ツボの位置]
@三焦愈(さんしょうゆ):第1腰椎の両側へ指幅2本分ほど離れたところ

A腎愈(じんゆ):いちばん下の肋骨の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

B志室(ししつ):腎愈の外側、指幅2、3本分のとこ

C関元愈(かんげんゆ):第5腰椎(一番下の腰椎)の両脇あたり

D膀胱愈(ぼうこうゆ):仙骨にある上から2番目のくぼみより指幅1本分ほど外側

E中カン(ちゅうかん):体の中心線上で、みぞおちとへその中間あたり

F天枢(てんすう):おへそから指幅2本分ほど外側

G居リョウ(きょりょう):腰骨の前端を少し下がったところ

H血海(けっかい):膝蓋骨(しつがいこつ)の内へりを指幅3本分ほど上がったとこ

I陽陵泉(ようりょうせん):膝と外くるぶしを結んだ線上にある、腓骨小頭(膝下の小さな丸い骨)のすぐ下
| 腰痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。