ツボ押しマッサージで健康づくり > 手のしびれ・神経痛

手のしびれ・痛み・神経痛

te-ita.jpg
(クリックで拡大)


 肩の圧迫により腕がしびれたり、運動や作業で筋肉が疲労して痛んだりなど、手のしびれや痛みはさまざまな原因で起きます。その中でも、肩から指先までピーンと線のように痛む場合、神経痛の疑いもあります。

 上腕の臂臑D、ひじの曲池E、前腕の手の三里Fゲキ門G内関H、手の甲の合谷Jなどを指圧、マッサージしていくといいでしょう。また、腕の神経の通り道にある胸の上方の缺盆@雲門A中府Bの指圧も大切です。


[ツボの位置]
@缺盆(けつぼん):鎖骨の上のくぼみの半ばほど

A雲門(うんもん):肩の大きな関節の根もとからやや胸側へ入った鎖骨の下のくぼみ

B中府(ちゅうふ):鎖骨の下、第2肋骨の外側と肩関節の間のくぼんだところ

C極泉(きょくせん):わきの下をさぐり、動脈の拍動を感じるところ

D臂臑(ひじゅ):ひじの曲がり目から指幅7本分ほど肩よりで、肩からの三角筋の終わるところ

E曲池(きょくち):ひじの曲がり目の親指側のくぼみ

F手の三里(てのさんり):前腕の親指側で、ひじの曲がり目から手先に向かって指幅2本分ほど離れたところ

Gゲキ門(げきもん):前腕部の、手のひら側の真ん中あたり

H内関(ないかん):前腕の手のひら側の中心線上で、手首の曲がり目からひじの方向へ指幅2本分ほど離れたところ

I陽池(ようち):手の甲側、手首の曲がり目の中央

J合谷(ごうこく):親指と人差し指のつけ根の間で、手の甲側
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。