だるい・疲れやすい

darui.jpg
(クリックで拡大)


 運動や働いた後からくる疲れやだるさの主な原因は、筋肉の疲労によるものです。軽い症状なら、入浴・睡眠などの休養でも十分にとれます。

 治療法は、症状の場所によって異なります。背中や腰のだるさなら、首の天柱@、背中の身柱A肝愈B、腰の腎愈Cなどを指圧します。また、腹部の中カンD居リョウEなども効果的です。
 腕がだるい時には、合谷F曲池Gを、足がだるい時には、殷門H足の三里Iを指圧するといいでしょう。
 また、足の裏にある湧泉Jまわりをしっかりともんでやると、全身疲労の回復に役立ちます。


[ツボの位置]
@天柱(てんちゅう):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

A身柱(しんちゅう):背骨の上の、第3と第4胸椎の間

B肝愈(かんゆ):背中の真ん中より少し上、背骨の第9胸椎の両側

C腎愈(じんゆ):いちばん下の肋骨の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

D中カン(ちゅうかん):体の中心線上で、みぞおちとへその中間あたり

E居リョウ(きょりょう):腰骨の前端を少し下がったところ

F合谷(ごうこく):親指と人差し指のつけ根の間で、手の甲側

G曲池(きょくち):ひじの曲がり目の親指側のくぼみ

H殷門(いんもん):太ももの後ろの中央あたり

I足の三里(あしのさんり):すねの外側、膝からおよそ指幅3本分くらい下のところ

J湧泉(ゆうせん):足の裏側で、足の指を曲げたときにくぼむところ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。