ツボ押しマッサージで健康づくり > 二日酔い・乗り物酔い

二日酔い・乗り物酔い

yoi.jpg
(クリックで拡大)


 二日酔いは、お酒の飲みすぎによる吐き気・頭痛などの症状をいいます。これを防ぐには、お酒の量を控えるのが一番いい方法です。一方乗り物酔いは、車などから伝わる揺れや振動により、自律神経が失調をおこし、吐き気などを引き起こします。

 両方の症状は、それぞれ違うことが原因となっていますが、どちらも不快感や吐き気が起きます。治療法としては、この症状をやわらげることがポイントとなります。
頭の百会@、首の天柱B風池C完骨Dをすることで、二日酔いの頭痛、乗り物酔いの心の動揺を鎮めるのに効果があります。吐き気・胸のむかつきには、背中の厥陰愈E肝愈F腎愈G、腹部の鳩尾H期門I天枢Jの各ツボの指圧を行います。
 また、乗り物酔いの場合は上記のほかに、青字で記した頭の竅陰A、足の地機K築賓Lなどを親指でしっかりと指圧すると効果的です。
 

[ツボの位置]
@百会(ひゃくえ):両耳から上がった線と、眉間の中心から上がった線が交差するところ

A竅陰(きょういん):両耳のすぐ後ろで、側頭部

B天柱(てんちゅう):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

C風池(ふうち):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側をわずかに離れたくぼみ

D完骨(かんこつ):耳たぶの後ろの骨(乳様突起)の、さらに後ろのくぼみ

E厥陰愈(けついんゆ):肩甲骨の内側、第4胸椎をはさんだ両側

F肝愈(かんゆ):背中の真ん中より少し上、背骨の第9胸椎の両側

G腎愈(じんゆ):いちばん下の肋骨の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

H鳩尾(きゅうび):みぞおちの中央、胸骨の下端の少し下

I期門(きもん):乳首の真下、第9肋骨の内側

J天枢(てんすう):おへそから指幅2本分ほど外側

K地機(ちき):すねの内側で、膝の横じわから指幅5本分ほど下がったところ

L築賓(ちくひん):すねの内側で、くるぶしから指幅5本分ほど上のあたり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。