ツボ押しマッサージで健康づくり > やせすぎ・太りすぎ

やせすぎ・太りすぎ

yase-huto.jpg
(クリックで拡大)


 やせすぎの人は、胃腸の弱い人・神経質な人が多いです。一方太りすぎの人は、偏った食生活・運動不足が主な原因であるため、まずそれを改善することからはじめるのがいいでしょう。

 やせすぎには、胃腸の機能を整え、消化活動を活発にする背中の脾愈@胃愈A、腹部の大巨F足の三里H地機Jなどを指圧します。また、神経質・体力の弱い人は、腰の腎愈Bを指圧することで、全身に活力がわきます。
 太りすぎの場合は、みぞおちから肋骨へなでたり、下腹部をもんだり、期門Dから関元Gまでをなでても効果的です。また、足の脂肪が気になる人は、ふくらはぎの承山Iへの刺激もいいでしょう。


[ツボの位置]
@脾愈(ひゆ):背中の真ん中ぐらい、背骨の第11胸椎の両側

A胃愈(いゆ):背中の真ん中からやや下、背骨の第12胸椎の両側

B腎愈(じんゆ):いちばん下の肋骨の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

C小腸愈(しょうちょうゆ):お尻の平らな骨(仙骨)の上にある、いちばん上のくぼみの指幅1本分ほど外側

D期門(きもん):乳首の真下、第9肋骨の内側

E天枢(てんすう):おへそから指幅2本分ほど外側

F大巨(たいこ):おへその指幅2本分ほど外側(天枢)を、さらに2本分さがったあたり

G関元(かんげん):体の中心で、おへそから指幅3本分ほど下

H足の三里(あしのさんり):すねの外側、膝からおよそ指幅3本分くらい下のところ

I承山(しょうざん):後ろのふくらはぎの中心線上で、腱と筋肉の変わり目のところ

J地機(ちき):すねの内側で、膝の横じわから指幅5本分ほど下がったところ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。