便秘

benpi.jpg
(クリックで拡大)


 排便の量や回数が減るのが便秘です。便秘の症状としては、おなかの張り、下腹部の不快感や痛みがあります。ひどい時には、倦怠感、食欲不振、ストレスなどを引き起こします。その原因としては、腸の機能低下ばかりではなく、精神的ストレスも原因のひとつと考えられています。

 治療するときは、腹筋に力をいれず、なるべくゆるめた楽な状態で行ってください。まずツボを指圧する前に、へそまわりをやさしくなで、腹筋の緊張をほぐしてから、中カンE天枢Fなどの腹部のツボをマッサージしていきます。
 続いて、背中の大腸愈B小腸愈Cなどを指圧し、手の神門H足の三里Iなどを指圧していきます。これらのツボを根気よくマッサージしていくことで、症状は改善されていくでしょう。


[ツボの位置]
@脾愈(ひゆ):第11胸椎の両側へ指幅2本分ほど離れたところ

A三焦愈(さんしょうゆ):第1腰椎の両側へ指幅2本分ほど離れたところ

B大腸愈(だいちょうゆ):骨盤の上端を結んだ高さにある第4腰椎をはさんだ両側

C小腸愈(しょうちょうゆ):仙骨にあるいちばん上のくぼみより指幅1本分ほど外側

D巨闕(こけつ):みぞおちのちょうど中央

E中カン(ちゅうかん):体の中心線上で、みぞおちとへその中間あたり

F天枢(てんすう):おへそから指幅2本分ほど外側

G大巨(たいこ):おへその指幅2本分ほど外側(天枢)を、さらに2本分さがったあたり

H神門(しんもん):手首の関節で、手のひら側の小指よりの端

I足の三里:(あしのさんり):すねの外側、膝からおよそ指幅3本分くらい下のところ
| 便秘
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。