ツボ押しマッサージで健康づくり > 抜け毛・円形脱毛症

抜け毛・円形脱毛症

nukege.jpg
(クリックで拡大)


 抜け毛の原因はホルモンや自律神経系の働きに関係があるといわれ、精神的ストレスがある場合にもみられます。ことに円形脱毛症は、精神の緊張と深い関係のあることが知られています。

 第一に、頭皮の刺激と清潔を心がけることがポイントです。ブラシで軽く頭を叩いたりするのも有効です。
 効果的なツボとしては、百会@承霊A通天B風池C天柱Dなどを指でこねるようにマッサージするといいでしょう。
 胸の上方にある中府E、背中の身柱G、腹部の関元Hは、体調を整え、リラックスする効果があるため、頭皮の症状の改善につながります。また、手足への刺激も頭皮の症状に効果があります。


[ツボの位置]
@百会(ひゃくえ):両耳から上がった線と、眉間の中心から上がった線が交差するところ

A承霊(しょうれい):左右の瞳孔から上に延ばした線上で、百会@より少しだけ後頭部側

B通天(つうてん):百会@から左右両側へわずかに離れたところ

C風池(ふうち):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側をわずかに離れたくぼみ

D天柱(てんちゅう):首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

E中府(ちゅうふ):鎖骨の下、第2肋骨の外側と肩関節の間のくぼんだところ

F大椎(だいつい):首のつけ根の中心、頚椎の最下部

G身柱(しんちゅう):背骨の上、第3・第4胸椎の間

H関元(かんげん):体の中心線上で、おへそから指幅3本分ほど下

I孔最(こうさい):手のひら・親指側の前腕部で、前腕部をひじから見て3分の1ぐらいのところ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。